私達の髪の毛は、1つの毛穴から1本、もしくは、5本生えているのとはいっても、毎日自然に脱毛と発毛がくり返し行われており、約3年〜6年間髪の毛は伸び続けるだと言えるのです。そして、抜け毛の本数が大体一日に50〜60本だったら、正常な脱毛です。では、なぜ髪の毛は抜けるのでしょう?髪の毛は常に生長を継続することによっているのではなくて、一定の期間生長を続けると、今度は退行期や休止期をむかえます。退行期・休止期の間に毛根の角化が進行していき、毛根が完全に角化することにより、髪の毛が抜け落ちていくに繋がるはずです。これが発毛周期という物です。若い頃には生長期の髪の毛が八十五パーセントを占めており、休止期の髪の毛が15%の割合を占めているのそうはいっても、30〜35才のピークの時期を過ぎると、年齢を重ねると共に、生長期の髪の毛の割合が減少していきます。また、生長する期間も3〜6年ではなくて、段々と短くなっていくので、髪の毛の質も太い物から柔らかい物へと変化し、毛量が薄くなった印象をうけるとなっています。以前はもっと伸びたのに、なかなか伸びなくなったなんてこともあるでしょう。これは年を取っていくのにつれて現れる正常な働きです。でも、他の原因によっては抜け毛が見られる事もあります。一例としては、仕事などでストレスが溜まって、血流が悪くなってしまうと、ホルモンや皮脂が過剰に分泌されるようになります。そうなると、髪の毛の生長サイクルもバランスを崩してしまい、異常な脱毛を起こす事があるへと繋がります。また、ホルモン・皮脂の分泌に限ったことではなく、ビタミン不足なども異常脱毛の原因になる事もありますねー